スマートグラスを BlackBerry で管理

企業内のスマートグラスを有効化、保護

モノの企業(Enterprise of Things)を保護

IoT(モノのインターネット)は、現代の最も重要な新しい開発の 1 つとなっています。モノの企業は、企業に接続されていて、IT によって保護、管理、有効化する必要のある IoT デバイスの範囲です。接続されたこれらのエンドポイントは、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットを超えて、企業内で新しいレベルのビジネス変革を推進します。

スマートグラスは職場に出現しつつある新しい企業デバイスであるため、セキュリティとサポートの変革が求められます。BlackBerry® Unified Endpoint Manager (BlackBerry® UEM) は、使用範囲が広がり数が増大しているこのような接続デバイスを、管理、制御、有効化するための包括的な機能を提供するソフトウェアです。

スマートグラスの導入とプロビジョニング

スマートグラスなどのウェアラブルデバイスにより、従業員はハンズフリー環境での接続が保護されるため、稼働時間を最大化してタスクの完了を加速できます。

企業でウェアラブル端末の使用が増加する中で、BlackBerry UEM は、IT スタッフが導入とプロビジョニングを安全に行えるようにします。IT スタッフは一貫性のある生産性アプリケーション、企業ポリシー、コマンド(スマートグラスのロック、ロック解除、消去など)を適用できます。

スマートグラスの管理

BlackBerry UEM は、スマートグラス用に次の管理機能を提供します。

  • 登録の保護 - デバイスを「業務利用のみ」のモードで登録します
  • ポリシーとプロファイルの割り当て – ネットワーク設定を定義して暗号化を実行します
  • IT アクション – デバイスをロック、ロック解除、消去します
  • コンプライアンス – ソフトウェアの更新を必須とします
  • アプリケーションの管理と導入 – サードパーティアプリケーションを使用してプロビジョニングします
  • 地理的な場所 – 場所に基づいてポリシーを見つけ、適用します
  • 単一ユーザー/複数デバイス – さまざまな導入オプションを管理します
  • グループベースの柔軟な割り当て - 既存の UEM グループと割り当て済みポリシーを活用します
  • BlackBerry 接続 – スマートグラスを BlackBerry で保護されたネットワークに接続します
  • Dynamics platform – BlackBerry コンテナテクノロジを導入します


会話を開始

スマートグラスなどのウェアラブル端末の管理を BlackBerry UEM がいかに容易にするかご確認ください。