包括的なクロスプラットフォームを実現する MDM

IT 管理者は、デバイスの所有モデル(個人所有または会社所有のデバイス)が異なり、さまざまなオペレーティングシステムを実行しているスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの多様なエンドポイントを対象にして、モバイルデバイス管理を安全に行う必要があります。BlackBerry のモバイルデバイス管理は、IT スタッフがモバイルデバイス、所有モデル、ユースケース、企業アプリケーション、コンテンツを、使いやすい単一コンソールから制御、可視化できるようにします。モバイルデバイス管理は、BlackBerry Enterprise Mobility Suite に含まれています。

幅広いモバイルデバイスをサポート

従業員が自由にモバイルを選択できるようにしましょう。BlackBerry のモバイルデバイス管理では、BlackBerry® UEM を使用し、iOS™、Android™、Windows®、Mac OS®、BlackBerry® など、さまざまなモバイルオペレーティングシステムに単一コンソールから対応できるようにします。Android デバイスの増加に対応するため、BlackBerry のモバイルデバイス管理では、Samsung KNOX™、Android for Work を含め、一般的なデバイスレベルのセキュリティ機能をネイティブに統合します。MDM に対する包括的なアプローチにより、幅広いモバイルデバイスにポリシー制御を容易に設定し、脱獄またはルート化されたデバイスからのアクセスを検出、制限できます。どのようなデバイスも制御可能です。

複数の所有モデルに対応

BYOD デバイス、Corporate-Owned デバイス、Personally-Enabled (COPE) デバイス、Corporate-Owned Business-Only (COBO) デバイス、またはこれらを組み合わせて使用しているかどうかに関係なく、カスタマイズ可能なポリシーによって、適切なポリシーが適切なデバイスに適用されます。モバイルデバイス管理は、ビジネスユーザー、リモートワーカー、市場に敏感なユーザーに対応して、BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform 経由でMDM ポリシーをアプリケーションレベルのポリシーで階層化することにより、柔軟性が向上します。

ユーザーの設定と登録を簡素化

BlackBerry のモバイルデバイス管理は、Apple DEP のサポートを含め、業界で最も使いやすい直感的な登録プロセスを使用しているため、ユーザーの生産性を直ちに高めることができます。ユーザーは電子メールアドレスとパスワードのみを使用して、OTA(無線ネットワーク)経由ですばやく自己登録できます。BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform 経由で BlackBerry UEMポリシーのみを使用しているか、アプリケーションレベルのポリシーを使用しているかは問いませんまた、ユーザーは IT 部門に依頼しなくても、セルフサービスコンソールにアクセスし、OTA(無線ネットワーク)経由ですぐにアクションを実行できます。

IT スタッフは企業ポリシーやコントロールを自動的に設定できるだけでなく、Wi-Fi、VPN、Exchange ActiveSync をユーザーのデバイスに自動的に設定できます。

豊富なポリシー制御を提供

モバイルデバイス管理を使用して、組織用に適切なポリシーを定義し、導入しましょう。さまざまなユーザーやデバイスグループ用に適切なセキュリティ方針を定義し、パスワード、デバイスの暗号化、カメラ、Wi-Fi、VPN など、豊富なオプションからポリシー制御を選択できます。デバイスの紛失、盗難、廃止、交換があった場合は、そのデバイスのデータを消去して、データ喪失の可能性を軽減します。

クラウドまたはオンプレミスの導入に柔軟に対応

ビジネスニーズに合わせてモバイルデバイス管理を導入しましょう。BlackBerry のモバイルデバイス管理は、導入が完全にクラウドベースかオンプレミスモデルかを問わず、目的のアーキテクチャに適合するオプションを提供します。

増加するモバイルニーズに対応可能なソリューション

BlackBerry の MDM は、モバイルニーズの増加に対応できます。BlackBerry Dynamics Platform および BlackBerry UEM は、モバイルコラボレーション、モバイルコンテンツ、および幅広いモバイルアプリケーションを保護する際、時間や費用のかかる移行を実行しなくても、必要なモバイル機能を追加できるようにします。