送信した添付ファイルはどこに転送されるかわかりません。セキュリティも同様です。

電子メールは現在もドキュメント共有に最もよく使用されるプラットフォームです。しかしセキュリティ範囲外に添付ファイルを送信することは、本質的に安全ではありません。電子メールでファイルを配信すると、受信者はファイルを自由に使用できます。オフラインアクセス用に保存することも、組織外の未承認ユーザーに転送することも、インターネットに匿名で投稿することも可能です。

Email Protector は、ファイルレベルのデジタル著作権管理(DRM)機能を使用して、添付ファイルを組織全体で体系的に保護することにより、企業が電子メールで送信されたファイルを(ファイアウォール外に配信された後も)自動的に制御して保護することができます。

電子メールで送信されたファイルを自動的に保護

Email Protector は IT が設定します。受信者、ファイルタイプなど、制御可能なポリシーに基づいて、組織の電子メールゲートウェイを経由して送信される添付ファイルに DRM 保護を自動的に適用します。Email Protector は、IT が管理する BlackBerry Workspaces レポジトリ(このスタンドアロンソリューションに含まれています)に添付ファイルを配置し、元の電子メールのダウンロードリンクに置き換えます。

シームレスなユーザー操作環境を提供する比類ないセキュリティ

電子メールの送信者が通常の操作方法を変更する必要はありません。ファイルを電子メールに添付し、通常どおりに送信できます。受信者の操作環境も同様にシームレスです。電子メールに埋め込まれているリンクからファイルをダウンロードできるように、受信者には適切なアクセス権が自動的にプロビジョニングされます。

Email Protector で DLP セキュリティポリシーを実施

データ損失防止(DLP)システムは、電子メールをスクリーニングし、セキュリティ上の脅威をもたらす電子メールを特定するのに役立ちます。問題は、電子メールでデータが失われる危険性があることがわかった場合、どう対応するか、です。Email Protector は既存の DLP ソリューションと統合し、既存の DLP セキュリティポリシーに基づいて、ファイルレベルのセキュリティを実施することができます。

DLP システムがビジネス上の機密情報が含まれている電子メールを特定すると、Email Protector は添付ファイルがファイアウォール外に配信される前に、DRM セキュリティポリシーを添付ファイルに埋め込みます。DRM の保護レベルは設定可能で、DLP リスクプロファイルに合わせて開示または保護できます。

例えば、従業員がクレジットカード番号やリリース前の製品デザインが含まれている添付ファイルを送信したり、危険性の高いベンダーに送信したりした場合、DLP システムはこれらを認識すると Email Protector に指示を出し、ドキュメント参照のみの権限の割り当てや、受信者の電子メールと IP アドレスを使用した動的透かしの適用が自動的に実施されるようにします。

この設定では、DLP サーバーはスキャンルールと自動ビジネスルールを提供し、Email Protector はこれらのポリシーの実施メカニズムを提供します。これにより、企業は既存の DLP 投資を活用しつつ、ファイルレベルの DRM セキュリティを既存のインフラストラクチャに追加できます。

状況に応じてカスタム DRM ポリシーを適用

BlackBerry Email Protector を使用すると、企業は添付ファイル保護ポリシーを組織全体に設定し、自動的に実施できます。管理者は特定のファイルタイプ、ユーザー、またはドメイン全体を保護または除外できます。

ファイルの保護レベル(ファイルのフルアクセス、権限で管理されたダウンロード、オンラインの表示のみ)をカスタマイズできます。管理者は以下を行うことができます。

  • ファイル受信者が使用可能な機能(アクセス、表示、編集、コピー、印刷、ダウンロード、転送など)を制御する
  • ドキュメントをダウンロードまたは共有した後を含め、いつでもファイルアクセスの期限切れまたは取り消しを設定する
  • カスタマイズした透かしを設定して、スクリーンショットが作成されないようにし、受信者の電子メールや IP アドレスなどの詳細を追加する。
  • マウスポインターでポイントしている場所以外の画面を不鮮明にするスポットライトビューアーをオンラインビューアーで使用し、画面のキャプチャをより強力に防止する

購入方法

Email Protector は BlackBerry Workspaces ライセンスと個別に購入することも、併せて購入することもできます。