ユーザーが実際に使用する企業デバイス

モバイルデバイス導入時には自然に緊張状態が起こります。  IT 担当者は特に、企業所有のデバイスの管理をしたいと望みます。  しかし、ユーザーはデバイスを 2 つ持ち運ぶことを嫌い、自分のデバイスをより便利にするために企業による管理を外そうとする場合があります。

BlackBerry Enterprise Mobility Management は、企業デバイスの安全性を高めるとともに、ユーザーは自分の個人的なニーズに応じて同じデバイスを使用することができます。  IT 部門は、個人用アプリを干渉したりユーザーのプライバシーを侵害したりすることなく、デバイス、アプリ、データおよびコンテンツレベルで Corporate Owned, Personally Enabled (COPE ) デバイスを保護することができます。

企業データ保護のためのコントロールの強化

COPE プログラムはセキュリティ方針の評価と、組織に合った適切なセキュリティ管理の確認から開始します。  これには、デバイス管理のためのデバイスレベルの MDM ポリシー、企業データ保護のためのアプリレベルのコンテナリゼーション、ならびにビジネス文書保護のためのコンテンツレベルの DRM が含まれます。  組織ごとに必要な管理に対応し、BlackBerry がお手伝いいたします。  BlackBerry Enterprise Mobility Suite を使用することで、組織は次のことを行うことができます。

  • 異なるユーザーグループ、部門、場所、デバイスタイプに様々なポリシーを設定します。
  • 強化されたユーザーのセルフサービス機能により、デバイスのプロビジョニングとアプリの管理を単純化します。
  • デバイスごとに独立したセキュリティコンテナに企業情報を安全に保存することで、データ漏えいを防止します。
  • ドキュメントに DRM 保護を埋め込みます。

個人用アプリを仕事用アプリと分離

当然のことながら、COPE デバイスは 2 つの世界に存在します。  ユーザーは、IT 部門が個人的な使用を監視したり制限したりしないほうが望ましいと考えます。  IT 部門や事業的には個人用と仕事用のドメインを分離するほうがメリットがあります。  そうすることで、ハードウェアの IT コストと潜在的な法的リスクの両方を低減することができます。  COPE デバイス向け BlackBerry ソリューションを使用すると、組織は次のことを行うことができます。

  • ビジネスデータを個人データから完全に切り離すことで、データ漏えいと所有権の曖昧さの両方を回避することができます。
  • デバイスからビジネスのデータを選択的に削除する一方で、個人情報はそのままにします。
  • ビジネスのトラフィックを企業に戻す一方で、個人的なトラフィックを企業外に維持しネットワークとデータのコストを削減します。
  • ユーザーは好きなアプリを使用でき、企業がリスクにさらされることはありません。

あらゆる COPE デバイスをサポート

COPE ポリシーは従来スマートフォンに適用されてきましたが、今日多くのユーザーは仕事用のあらゆるデバイスを個人的に使用したいと思っています。BlackBerry EMM では、COPE の概念をすべてのデバイスに拡大することができます。

  • MDM ポリシーやコンテナ化されたアプリを iOS、Android、BlackBerry やその他のモバイルデバイスに導入します。
  • 他のデバイスに使用しているのと同じコンソールで、Windows や Mac OS® のデバイスを管理します。
  • 従来の VDI の代わりとなる最新の方法で、HTML5 アプリをノートパソコン、タブレット、およびその他のデバイスに安全に導入できます。
  • ウェアラブル端末のような新しいデバイスをサポートします。