各種デバイスにわたりデバイス、アプリケーション、コンテンツ管理の統合

BlackBerry® Unified Endpoint Manager (BlackBerry® UEM) は、増大する多様なデバイスとアプリケーション向けに、包括的な統合エンドポイント管理機能とポリシー制御機能を提供します。BlackBerry® Enterprise Mobility Suite に含まれている BlackBerry UEM は、主要プラットフォームにおけるデバイス操作を安全に管理し、あらゆるデバイス所有モデルに対応します。また、安全なモバイルアプリケーションの開発やコンテナリゼーションに加え、クラス最高の安全な生産性アプリケーションへのアクセスを可能にします。

BlackBerry® Secure に含まれている BlackBerry UEM は、あらゆるエンドポイントのセキュリティを包括的に保護します。すべてのエンドポイントを保護するために IT が必要とする詳細な制御機能と可視性を提供するほか、生産性を含め、幅広いビジネスユースケースに対応できる柔軟性を提供します。BlackBerry UEM を使用すると、ユーザーは BlackBerry Secure で保護されます。

複数 OS エンドポイントを統合管理

BlackBerry UEM は、環境内のユーザー、デバイス、アプリケーション、ポリシーを統合して一元的に確認でき、幅広いプラットフォーム上で使用される各種デバイスに包括的に対応します。

BlackBerry UEM は、ビジネスデータを危険にさらすことなく、ユーザーが任意のデバイスやアプリケーションを使用して、簡単かつ直感的な方法で必要な情報に安全にアクセスできるようになります。BlackBerry UEM、および安全性において定評のある BlackBerry の接続機能、暗号化、コンテナリゼーションを使用することにより、仕事用データと従業員の個人用データが適切に区別されます。

BlackBerry UEM は、仕事に個人用デバイスを使用する従業員向けに包括的な BYOD セキュリティ機能やセルフサービス機能を提供します。また、個人使用を妨げることなく、COPE (Corporate Owned, Personally Enabled) デバイスをデバイス、アプリケーション、データ、コンテンツの各レベルで完全に保護します。さらに、個人使用が制限されるよう制御してデバイス通信をログに記録することにより、規制の厳しい環境下でも COBO (Corporate Owned, Business Only) 基準に対応できます。

モノの企業を管理、保護

モノのインターネット(IoT)は、ユーザー、プロセス、データを企業内外で作成、収集、通信する方法に大きな影響を及ぼします。モノの企業は、企業に接続されていて、IT によって保護、管理、有効化する必要のある IoT デバイスの範囲です。

BlackBerry UEM は、使用範囲が広がり数が増大しているこのような接続デバイスを、管理、制御、有効化するための包括的な機能を提供します。スマートフォン、タブレット、およびスマートウォッチのようなウェアラブル端末のほか、スマートグラスなどの新しい企業デバイスが職場に出現しつつあるなか、セキュリティとサポートの変革が求められています。

モバイル従業員の生産性を向上しつつ、ビジネスデータを包括的に保護するように設計された BlackBerry UEM を使用して、増大するエンドポイントデバイス(モノの企業)を管理しましょう。

重要なセキュリティと制御

組織は生産性を維持するために必要なすべてのコンテンツ、ツール、アプリケーション、データに、従業員がどこからでもアクセスできるようにする必要があります。また、これらのすべてのプロセスを保護する必要があります。

主要なセキュリティを保護するため、BlackBerry UEM はネイティブの MDM 制御(デバイスポリシーの管理用)と MAM 機能(承認済みビジネスアプリケーションの導入用)をサポートします。

より詳細な制御と柔軟性を提供するため、BlackBerry UEM は、iOS (iOS 管理対象アプリケーションなど)や Windows® 10 (Windows 情報保護など)向けのネイティブな保護機能に加え、Android in the enterprise (旧 Android™ for Work)、Samsung Knox Workspace など、ネイティブなコンテナソリューション向けに包括的な管理機能を提供します。

高度なモバイルワークフロー向けに包括的な複数 OS コンテナリゼーション機能が必要な場合、組織は BlackBerry UEM が管理する BlackBerry® Dynamics を使用することで、カスタムおよびサードパーティのビジネスアプリケーションを同じ単一コンソールから安全に導入して管理できます。これらのアプローチはそれぞれ個別で使用することも、併せて使用することも、またはさまざまな所有モデルやユーザーロールと組み合わせて使用することもできます。

拡張性と柔軟性に優れた導入オプション

ビジネスニーズに合わせて BlackBerry UEM を導入しましょう。完全なクラウドベースの導入では、すぐに稼動を開始できます。モバイル環境をより詳細に制御する必要がある場合は、オンプレミス導入を選択することもできます。ビジネス要件が将来的に変更された場合は、オンプレミスの BlackBerry UEM をクラウドに移行できます。

サーバーあたり 2 万 5000 台のデバイス、およびドメインあたり 15 万台のデバイスまで増やすことができるため、IT コストを制御しながらモバイル導入をすばやく拡張できます。BlackBerry UEM は高可用性と障害復旧の設定をサポートします。組織が成長し、モビリティがミッションクリティカルになる中、これらの機能の重要性は増しています。

TCO を削減

サーバーを 1 台使用している場合、またはクラウドを介して使用している場合、BlackBerry UEM は、モバイルデバイス向けのデバイス、アプリケーション、コンテンツの最新管理機能を、従来のエンドポイント向けの主要管理機能とまとめることにより、企業が従来のツールを統合することができます。BlackBerry UEM は管理を簡素化して制御を強化することに加え、サーバーハードウェア要件の削減、ソフトウェアライセンスやサポート契約の重複の排除、IT スタッフのリソースを再配分を企業が実施できるように支援するので、組織の総所有コスト(TCO)が削減します。

BlackBerry の安全なグローバル通信インフラストラクチャによって提供される BlackBerry® Connectivity は、ユーザーがファイアウォールの内側に存在するリソースに VPN なしで安全かつシームレスにアクセスできるようにすることで、さらなるコスト削減を可能にします。また、クロスプラットフォーム OS サポートにより、企業は接続保護に関する幅広い要件に対応するため、複数のソリューションをプロビジョニングするコストを回避できます。

ニーズとともに成長する UEM ソリューション

BlackBerry UEM は現在および将来のあらゆるニーズに対応します。組織の進化に合わせて新しい BlackBerry® Enterprise Mobility Suite 機能をすばやく追加し、単一コンソールからすべての機能を管理できます。現在のエンドポイント、アプリケーション、コンテンツ、データ、セキュリティを管理するだけではありません。組織の将来的な課題や機会に対応する準備ができています。BlackBerry UEM は将来的にモバイルイニシアチブを推進するための堅牢な基盤を作成します。

BlackBerry Work

 

クラス最高のビジネス向け電子メールおよびコラボレーション。

BlackBerry Dynamics

 

モバイルアプリケーション向けの複数 OS コンテナリゼーション。

BlackBerry Workspaces

 

ファイルレベルのデジタル著作権管理(DRM)による EFSS の保護。

BlackBerry Enterprise Identity

 

あらゆるユーザーデバイスからクラウドサービスへのシングルサインオンが可能な IAM。

BlackBerry 2FA

 

従業員のモバイルデバイスを使用したツーファクタ認証。

スナップイン機能

ISV 向け

BlackBerry UEM Integration SDK を使用すると、外部パートナーソリューションの各種機能を、顧客の BlackBerry UEM ベースにすばやく簡単に拡張できます。これにより、高可用性とスケーラビリティに加えて、パートナーのソリューション向けにカスタム統合されたワークフローと企業レベルの機能をより迅速に提供できます。これは他の EMM および UEM サービスと比べると、パートナーのワークフロー統合に対してよりネイティブなアプローチを提供します。パートナーサービスはパートナーを中心として提供されるため、白いラベルの代わりにパートナーのロゴが際立つように表示されます。

IT 向け

BlackBerry UEM Integration SDK を使用すると、IT 組織は BlackBerry UEM のすべての機能とメリットを自身の IT 管理プラットフォームに統合し、活用することができます。IT 管理者は 1 つの画面からすべてのポリシーと設定プロファイルを簡単に管理しつつ、独自の環境内で作業を続けることができます。主要な BlackBerry UEM 機能は、一般的な管理ワークフロー内からアクセスできるようにするか、またはワークフローと並行してアクセスできるようにすることで、優先的に使用できます。

アプリケーションの操作環境を強化

Microsoft Office 365

BlackBerry UEM は、既存の企業アプリケーションに加えて、Microsoft Office 365 の生産性アプリケーション(Word®、Excel®、PowerPoint® など)を直接管理します。管理者は他の企業アプリケーションを管理するために使用するコンソールと同じコンソールで、Office 365 アプリケーションにポリシーを適用できます。これらのアプリケーションがネイティブの OS MAM、サードパーティコンテナ、または BlackBerry Dynamics に管理されているかどうかは問いません。

アプリケーション通知

IT 部門は新しい企業アプリケーションについてユーザーに通知し、更新が使用可能になると知らせることができます。コンシューマ向けアプリの更新時に似た通知です。コンプライアンスに基づいて特定のアプリケーションを導入する必要がある場合、IT 部門はすべてのユーザーに確実に通知できます。BlackBerry UEM はアプリケーションの採用方法を改善し、一貫した方法で企業内外にアプリケーションを導入できるようにします。

ぴったりのパッケージを見つけましょう

ニーズに合った EMM Suite をお選びください。

BlackBerry Enterprise Mobility Suite – Management Edition

包括的なデバイスおよびアプリケーション管理

 

BlackBerry Enterprise Mobility Suite - Enterprise Edition

すばやく安全に生産性を向上

BlackBerry Enterprise Mobility Suite - Collaboration Edition

リッチで簡単なコラボレーション

BlackBerry Enterprise Mobility Suite - Application Edition

ビジネスを変革

BlackBerry Enterprise Mobility Suite - Content Edition

ドキュメントセキュリティとコンプライアンス

詳細を表示

業界ニュースレター

 

モビリティニュースレターに含まれている業界ニュースをご覧いただけます。

 

Gartner

 

Gartner 社の EMM に関するマジッククアドラントリサーチで BlackBerry が再びトップに立ちました。