BlackBerry Dynamics SDK と Shared Services

モバイルアプリを構築する作業は、その 80% 近くが、アプリの機能やユーザーエクスペリエンスにとってさほど重要でない項目に費やされる作業だといわれています。セキュリティ、バックエンドシステムへのアクセス、信頼性といった諸々の問題解決に開発者のリソースが費やされ、プロジェクトの進行に遅れが生じるのです。BlackBerry Dynamics SDK(旧 Good Dynamics SDK)を利用することで、開発者は IT のセキュリティ基準を満たしながら、そのアプリ独自の価値創造に集中することができます。

BlackBerry Dynamics Shared Services Framework は、コードの再利用と迅速なアプリケーション開発を容易にします。また、プラットフォームの固有のコンテナリゼーション技術により、すべての情報交換が国家機密レベルの暗号化で保護されます。

アプリ開発を高速化するアーキテクチャ

BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform は、各層が明確に区分された 3 層アーキテクチャを提供して、基盤となるインフラストラクチャからアプリケーションを分離します。IT によって簡単にポリシーを設定でき、認証メカニズムを選択でき、アプリのセキュリティとデプロイメントを管理できるため、開発者はそのアプリ独自の価値創造に集中することができます。API と Shared Services は、これら 2 つのドメインを結びつける役割を果たします。BlackBerry Dynamics Platform 上でアプリを構築すれば、IT スタッフとアプリ開発者は互いの領域に足を踏み入れる必要がなくなるため、開発が加速するとともに、多くのモバイルイニシアチブを取り巻く摩擦を軽減することができます。

すぐに使えるセキュリティ

開発者は、BlackBerry Dynamics SDK を使用すれば、自ら開発するアプリのセキュリティを構築する必要がなくなります。このプラットフォームは、すぐに使用できる暗号化、アプリケーションレベルのセキュリティとコンプライアンスのコントロール、ファイアウォールで保護されたリソースとの安全な通信、およびそれらのリソースへのアクセスを提供します。開発者はさらに、広範囲にわたるマルチファクタ認証オプションを、コードを書きなおすことなくすばやく統合することができます。BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform から継承されるセキュリティにより、開発者は、複雑な暗号化の構築や企業コンプライアンスの適用といった作業から解放されます。貴重な開発者リソースをセキュリティ上の課題への対処に費やすのではなく、信頼性の高い資格情報や認定方式に裏付けされた実績あるセキュリティモデルを使用することで、アプリ間で共有されているデータであっても、転送中にすばやく保護することができるため、開発者の負担が大幅に軽減されます。

Shared Services Framework

BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform は幅広い共有サービスを提供するため、コードを最大限再利用することができ、アプリ配信までの時間を短縮することができます。開発者は、サーバーがクラウドなどから提供するサービス(印刷、電子メール、転送など)や BlackBerry で保護されているアプリを再利用することで、モバイルアプリの価値をすばやく高めることができます。また、BlackBerry Dynamics Shared Services Framework は BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform の一部であるため、すべての情報交換が国家機密レベルの暗号化で保護されます。

高い拡張性

開発者は独自のサービスを構築して、モバイルデバイス上で SOA のような開発パターンを利用することができます。  独自のサービスを構築することで、共通のタスクを細分化し、再利用可能なコンポーネントにすることができます。  開発者はアプリベースまたはサーバーベースのサービスを BlackBerry Developer Network に公開することができます。これにより、多くの ISV や社内開発者がそのサービスを利用して、市販のアプリや社内で構築するカスタムアプリを拡張することができます。 

開発者が選んだツールとの統合

BlackBerry Dynamics Platform は、開発チームが選択するほぼすべてのツール、開発環境、またはメソドロジーと連携できる柔軟性を備えています。HTML5、ネイティブアプリ開発、またはハイブリッドモデルを使用してアプリケーションを開発する場合でも、BlackBerry Dynamics Platform 用の SDK を活用できます。